未知の性感帯開発…③

女性の主な性感帯は前回と前々回のブログで書きましたが…。

未知の性感帯開発…①
最近のご依頼で多いのが、未知の性感帯を開発したいということ。周知の女性の三大性感帯は…・クリトリス・Gスポット・ポルチオだと言われています。(固定観念含む…)&nbs...

未知の性感帯開発…②
ポルチオ・Gスポット・クリトリスの三大性感帯については前回のブログで書きましたが…。意外と知られていないのですが、胸にもGスポットがあるのをご存知ですか?おっぱ...

今回は、女性によっては最も毛嫌いされるアナル(お尻の穴)のお話。

 

「お尻?ヤダヤダ、そんなところ汚い…。」
「なんか出てきそうだからイヤ。」

 

10人中9人にはお尻の穴周辺は「汚いからイヤ」と言われますし、10人中9人はアナルへの施術をNGにされます。
確かにお尻の穴はう◯ちが出てくるところですから、汚いとかバイ菌だらけのイメージはありますね。

ですが、そんな嫌われ者のアナルにも性感帯があるんですよ。

アナル

アナルへの刺激はクリトリスや会陰と同じく、陰部神経が刺激されることによって”快感に感じる”と言われています。Gスポットは骨盤神経で、ポルチオは迷走神経ですね。
アナル周辺や入口付近は陰部神経がうっすら伸びているので気持ち良く感じます。
アナルに指を入れると「変な感じがする(微妙に気持ちが良い)」のは陰部神経がうっすら刺激されているからです。

アナル自体はさほど強い快感を得られる性感帯ではありませんので、アナル周辺の刺激だけでイケるわけではありません。

 

「アナルでイッたー」
「アナルSEXは普通のSEXより気持ち良い」
と言う女性もいらっしゃいます。

実はアナルへの刺激でオーガズムに達しているのではなく、アナルからポルチオやヴァギナを刺激されることによってオーガズムを感じています。腸内は性感帯ではありませんからね。

通常のSEXでは性器の挿入による内からの刺激に対して、アナルSEXは外の外圧による通常味わえない圧迫する刺激です。
アナルSEXをすることで、陰部神経・骨盤神経・迷走神経の三大性感帯が同時に刺激され、未知の快感に襲われてしまうわけです。

クリトリス・Gスポット・ポルチオでイケる女性には、まさに一石二鳥ならぬ一石三鳥のような禁断の性感帯がアナルと言い切っても過言ではないと思います。

 

もちろんアナルに向かない方もいらっしゃいます。
例えば便秘気味の方であったり、痔を患っていらっしゃる方など…。

 

興味をお持ちの方は恥ずかしがらずに、やんわりとそれとなくお伝えください。
アナル周辺の8の字筋肉を時間をかけてほぐし、痛みもさほど感じずに、的確に禁断の性感帯を開発いたします。

アナルNGなんて一昔前の話。
変態大国の日本ですから、今ではアナルも3人に1人は経験済みなんですよ^^

 

お問い合わせはコチラ

不安に思うこと感じること…。
どんな些細な事でも質問してください。
その一歩が、今以上に綺麗に輝ける扉をひらく瞬間だと信じて…。

コメントを残す