イケるカラダにシフトする…②

セックスやオナニーで気持ち良くなるコツは、いかに「楽しめるか」だと思っています。

「楽しむ」と一言でくくると案外簡単そうに聞こえますが、実際はいくつもの複雑な要素が絡み合っていたり、性的嗜好や願望が少なからず存在しています。

性的嗜好とは?

人間の性的行動において、対象や目的について、その人固有の特徴のある方向性や様式を意味する。すなわち、対象や行動目標において特定の好みやこだわりが存在する場合、何らかの性的嗜好を持つと表現できる。

出典:Wikipedia

要は「性的な欲望を抱く対象に関する好み」と、言うことです。フェティシズム(フェチ)とも近いですね。

性的嗜好や願望などはオナニーのおかず(ネタ)に顕著に現れます。

例えば…、
痴漢物の動画や妄想でオナニーをされている方は、恥ずかしい思いをさせられたり、声を出せない状況に興奮したりします。
レイプ物の動画や妄想でオナニーをしている方は、男性の強引さ(力強さ)に惹かれる方が多く、少なからず強引にされたい願望があると言えます。

その性的嗜好を具現化するのが性感マッサージ師の仕事のひとつではあるのですが、ごっこは出来てもリアルさに欠けることもあります。
複数の男性に弄ばれたいなどの願望は、複数の男性の手や目が必要になります。
ヒロはこの世にひとりしか存在していないので、これは現実的に考えて無理です。

 

では、どうするのか?

 

想像や妄想で補うしかありません。

常日頃、動画でオナニーをされている方は、想像オナニーにシフトしてください。
動画を見ながらでも構いませんが、画面の中の女性は自分自身に置き換えることを意識してください。

目を閉じて、快楽の水面に沈んでゆく…。
想像の中の世界の主人公は、いつも自分自身です。全ての欲望と願望が叶うヴァーチャルな空間がそこにはあります。

誰に気遣うでもなく、誰かの視線を気にすることのない、非現実的な仮想空間。
その先には「楽しめる」世界が、霧のかかったような景色の中でも、微かに見えるかも知れません。

 

足りないパズルのピースを探し、ルービックキューブを完成させる。

オーガズムを経験する為には、脳やカラダに「気持ちが良い」感覚を覚えさせる必要があります。
「気持ちが良い」感覚を覚えさせるには、オナニーの回数を重ねることが手っ取り早いのではないでしょうか。

イケるカラダにシフトする…。
施術の効果を高めるには、オナニーで「気持ちが良い」感覚を脳とカラダに覚えさせ、オーガズムを迎える準備をする必要があります。
オナニーのヤリ過ぎでイケなくなることはありません…都市伝説です。

 

ヴァーチャルとリアルのハイブリッド…、
それが現在のティアラの性感マッサージの世界です。

 

お問い合わせはコチラ

不安に思うこと感じること…。
どんな些細な事でも質問してください。
その一歩が、今以上に綺麗に輝ける扉をひらく瞬間だと信じて…。

コメントを残す