セルフ開発の方法…③

今回は、「膣トレ」の施術の方法を紹介します。

 

中イキするには、「膣を取り巻く筋力UP(PC筋を鍛える)」と、「適度な脱力」が重要だと、前回のブログで紹介しました。

オーガズムは、PC筋の筋力によって膣が収縮されて起こる現象なので、力を入れることと抜くことを繰り返す必要があります。

 

中イキの開発中は、

①クリイキ中に膣の収縮が一定間隔で起こるか

②力を抜くことができるか

③相手のリズムに同調できるか

を考察しています。

 

実際はもっと細かなところまで考察していますが、この3つのポイントを意識することから始めることが有効かと思います。

 

①の膣の収縮は意識してコントロールできることではありませんが、外部から膣の収縮を誘導することは可能です。

②の脱力は繰り返し行うことで、無意識でできるようになります。

③のリズムに同調できるかは、パートナーとの良好な関係が築けていれば、同調にはそれほど難しいことではないかと思います。

 

「同調(シンクロ)」が意外と難しく、パートナーのセンスも重要になってきます。

 

「車の運転が上手い男はセックスも上手い」なんて、都市伝説じみた話を聞いたことはありませんか?

「車の運転が上手い=車の流れを読んで運転できる」と、いうことなのですが、人間関係も似たようなものです。

 

施術で「膣トレ」をどのように導入しているかを、簡単に説明します。

 

①現状を把握する

現時点での性感帯とイキ方を確認することから始めます。

イッた経験のない女性は、現時点でどこまで感じることができるのかを確認します。

 

  • イクことができるのか
  • その時のカラダの反射の様子は
  • 膣の収縮はどうか
  • どこに力が入っているのか
  • 同調できているか

など…。

②施術に変化を加える

中イキのコツをカラダで覚えてもらうために、膣の収縮のタイミングの取り方を覚えてもらいます。

 

オーガズム時の膣の収縮間隔は約1秒です。

膣を取り巻く筋肉は意識して動かすことはできないので、カラダの反射を利用してその筋肉とPC筋を動かします。

 

方法としては、

  • クリトリスを刺激しながら中を刺激する
  • あるポイントを1秒間隔でトントンしながら中を刺激する
  • トントンに合わせながらPC筋を動かす

 

あるポイントというのは、女性によって違います。

お腹のツボであったり、恥骨であったり、中であったり…。

この赤いポイントに集中している場合が多いので、参考にしていただければと思います。

③まとめ

中イキでのオーガズムを得るには、膣の収縮が重要なカギとなります。

オーガズムを得るのに必要な膣の収縮は、PC筋を鍛えることと、適度な脱力が必要になります。

  • PC筋の動きを意識するには、お尻の穴に力を入れるたり抜いたりすること
  • 脱力には腹式呼吸が有効

 

これ以上、詳しくは教えられませんが、中イキへの一番の近道はヒロの施術を受けること。

 

ポルチオでイケるようになると、オーガズム脳が覚醒します。

ポルチオでの刺激は、迷走神経を伝って脳に信号を送ります。

 

オーガズム脳が覚醒すると、性感帯を刺激しなくてもオーガズムを得れる場合も多々あります。

お腹の上に手をかざしただけでイケるようになったり、指パッチンの音の繰り返しだけでイケたりします。

 

1回の施術で覚醒する女性もいれば、2回3回とリピートして覚醒する女性もいます。

なるべく短いスパンで覚醒したい女性は、コース時間を長めにしてご予約することをオススメします。

 

ご予約はコチラ

ご予約カレンダーで簡単予約!!
当日~1ヶ月先までのご予約が可能です。
ティアラを初めてご利用の女性のご予約は、当日~1週間先までとさせていただきます。
秘密は厳守いたしますのでご安心ください。

コメントを残す